ぼくらのウルトラ冒険少年画報 (40)

別冊付録③ 「悲劇と迷走のオリンピック」その二

1966年に放送された特撮ドラマ「ウルトラマン」の第19話「悪魔はふたたび」に、二つの怪獣、赤い色をしていて火を噴くバニラと青色で溶解液を吐くアボラスが登場します。

彼らはそれぞれカプセルに封じ込められていましたが、ある夜別々の場所で甦り街を破壊しはじめます。そして互いに引き合う様にして移動し、出会った決戦の舞台が1964年東京オリンピックのレガシー、旧国立競技場だったのです。

赤い怪獣と青い怪獣がオリンピックスタジアムを破壊しながら対決する‥‥。
今回は、東西冷戦の影響を受けたオリンピック、1980年のモスクワ大会と1984年ロサンゼルス大会について記してみたいと思います。

モスクワ大会は共産圏、社会主義国での初めてのオリンピックでした。
大会公式マスコットの熊「ミーシャ」はアニメにもなりよく覚えています。
ところがオリンピック前年の暮れに起こったソ連のアフガニスタン侵攻の影響で思わぬ事態に陥ります。
アメリカがソ連の行動に抗議し、大会のボイコットを呼びかけたのです。西側陣営の国々が次々とそれに追従します。日本も例外ではありませんでした。
日本政府が不参加を正式に決定しJOCが苦渋のすえ不参加発表をした時、日本選手団の代表選手は皆泣いていました。その涙は、四年間目標にしてきたものが直前で政治のかけ引きによって失われた紛れもない悔し涙だったのです。

東側の報復は4年後のロサンゼルス大会に向けられました。
今度はアメリカ軍のグレナダ侵攻に抗議する形で、東側諸国がボイコットしたのです。

ロサンゼルスオリンピックは。華やかに開催されました。
日本でも全てが中継され、従来の大会と何ら変わりがない様に見えたのは、アメリカの巧みな演出だったのかもしれません。

世界で今も起こる対立や戦争を解決できるのは、もしかしたら地球の外からやって来た「ウルトラマン」の様な存在なのでしょうか?‥‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。