新年のご挨拶にかえて 2019.1.1

昨年の暮れ、日本がIWC(国際捕鯨委員会)を脱退するというニュースが飛び込んできました。
1982年商業捕鯨モラトリアム(一時的に捕鯨を禁止する措置)が採択されて以降、日本は捕鯨再開の道を模索してきた訳ですが、ここに来てとうとう業を煮やしたというところでしょうか。そして日本近海での捕鯨構想の拠点となるいくつかの港の一つに、わが町T町も名を連ねていました。
出口の見えないトンネルのその出口がやっと見えたのでしょうか。
しかし国際関係も鑑み、トンネルの出口に何が待ち構えているのかこの先の推移を見守っていきたいと思います。

勝手な事ばかりを書いているブログですが、よろしかったら今年もどうぞお付き合い下さい。

「新年のご挨拶にかえて 2019.1.1」への4件のフィードバック

  1. 明けましておめでとうございます。昨年から、毎週楽しみにブログを拝見しております、グレという者です。本年もまた毎週頭を楽しみに待ちたく思いますので、宜しくお願い致します。

    1. 新年のご挨拶ありがとうございます。
      こちらこそよろしくお願いいたします。
      なかなか時間がなく満足なものをお届けする事が叶いませんが
      ご意見ご要望などありましたら遠慮なくお聞かせ下さい。

  2. 新年明けましておめでとうございます。今年も毎週ブログの更新を楽しく拝見させて頂きます。

    昨年のIWCの脱退ですが以前から自分たちの文化、主張を押し付ける反捕鯨国に複雑な感情を持っていたので胸のつかえがとれた感じです。この問題だけでなく今までの弱腰外交のつけで嘗められっぱなしなのでこれからは官民一体となり国益を守るよう毅然とした対応をとってほしいですね。

    久しぶりの連休一日目なので昼寝に読書、散歩三昧で過ごしました。飛浩隆さんのSFもの「零號琴」、とても面白いです。SF物につきものですが頭の中で舞台、世界観のイメージをするのに一苦労ですが・・。映像化されそうですね。
    それではまた来週を楽しみにしております。

    1. コメントありがとうございます。拙いブログではありますが、本年もお付き合い願えれば幸いです。
      今の時代クジラの肉を食べなくても生きていけるのは確かですが、反捕鯨活動家の方が
      「肉を食べないで野菜を食べなさい」と仰っていたのにはいささか閉口します。

      飛浩隆さんの作品は私には未知の領域です。是非チャレンジしてみたいです。
      これからも読書情報楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。