巨人真伝トキ回顧録 後編

「解人之章 前・後編」の二週連続掲載から始まった巨人真伝トキですが、読者の方からお手紙もいただき期待も含めての反響を感じました。そして「謳之章」と続き、いざ本題はこれからという時に「わかりにくい、読者がついてこれない」という指摘を受けました。(おそらく読者アンケートの結果がでなかった)

毎週の連載と違って間隔の開く不定期連載は、話が複雑になればなるほど不利に働き、様々な話の引きや伏線が役に立たなくなります。
作画のほうも、当時専属のアシスタントを置く体制にはまだなかったので、毎回お手伝いの方を探してお願いするという不安定さで、私の力量の無さも相まって満足のいく出来栄えには到底至りませんでした。

全てを立て直す必要がありました。
読者に理解してもらうことを大前提に描くことになり、「魅渦芽巳之章」「魔芽玉之章」では大太の構成システムを象徴する壁画の洞窟を描き、観察者としての女性学者を登場させました。これは本来ならエンディングへと向かう話全体のなぞ解きを中心としたエピソードであるはずでした。
結果的に物語は終焉に向かい、このまま続けるより連載を終わらせて仕切り直しをする事となり、打ち切りが決まりました。

鈍い失望感の中、最終章「大太之章」(本誌には載らず単行本書下ろし用)を描くこととなりました。何はともあれ自分の力不足を痛感した作品でした。
ただ「大太之章」は数コマを除きほぼ自分一人で描くことにより自身の現在の画力をはっきり認識でき、作画の鍛錬になった事は一つの光明です。
書き直しができない次が無い世界ですが、巨人真伝トキを完全なものにしたい願望は今もあります。

次回は単行本「巨人真伝トキ」に一緒に収録された短編読み切り「木霊」について書きます。

「巨人真伝トキ回顧録 後編」への2件のフィードバック

  1. 連載時そのような経緯、事情があったのですね。驚きです。
    確かにもう少し尺の長い話に出来るのではとも思いましたが単行本で初読みした自分には1巻でまとまって完結していて面白くお気に入りの作品であることは今も変わりありません。
    いつか機会があれば完全版「巨人真伝トキ」是非読んでみたいですね。

    ご無沙汰しておりました。私事ですが仕事関連の資格試験受験に取り組んでいました。
    なるべく過去のブログにもコメント書こうと思っています。
    それではまた。

    1. N太郎さん、お久しぶりです。
      2~3日留守にしておりましてコメントの確認が遅くなってしまいました。申し訳ありません。
      資格試験がんばってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。