「ダンケルク」観てきました

巨人真伝トキ回顧録はお休みして、本日観てきた敬愛するクリストファー・ノーラン監督最新作「ダンケルク」について書かせていただきます。
映画「ダンケルク」は第二次大戦初期のイギリスにとっての重大なエピソード、ダインケルクからの連合軍撤退を描いた作品で、様々なジャンルで評価を高めてきたノーラン監督の初めての実話を扱った戦争映画です。
私的には期待以上の興味深い作品でした。
防波堤・海・空という三つの登場人物の視点によるアプローチと、それを巧みに構成する事で描き出された映像は、観るものにリアルな戦場を体現させる事に成功しています。
時間軸を混乱することなく収束させる技巧は脱帽ものです。
もっと言わせていただければ技巧を技巧と感じさせない手腕は、改めてノーラン監督の精緻な演出を感じさせるものでした。

ちなみに戦争映画は観るものにとって何を求めるかで評価が分かれるところですが私のお気に入りの作品をいくつか挙げてみたいと思います。
「プライベート・ライアン」「スターリングラード」「戦争のはらわた」「最前線物語」それとSF映画になるのかもしれませんが第二次大戦中のドリスデン爆撃を描いた「スローターハウス5」も加えておきます。

次回は巨人真伝トキ回顧録に戻ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。