悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (119)

第四夜〇遠足 ヒトデナシのいる風景 その六

林が切れ、視界が一変した。
広大な芝生の台地が、ぼくたちの眼前に姿を現したのだ。
世間ではここを‥、この一帯を『ハルサキ山』と呼称している‥‥らしい。          

「すてき!まぶしいィ!」女子の一人が感嘆の声を上げた。言葉より先に数人の男子が、すでに駆け出していた。
お日様の光を全面に受けて輝く緑の芝生が、ぼくたちを歓迎する様に広がっていた。
「ここが目的地の、安心して自然とふれあえるところさ」
「プリントの解説はもういいったら‥」ぼくとモリオはそんな会話をしながらも気分の高揚は隠しきれず、芝生を速足で踏みしめながら歩いていた。
「みなさーん!いったん集まってくださーい!」葉子先生が声をかけた。教頭先生、風太郎先生も、遠くへ行こうとしていた子供たちを呼び戻した。「これからここで過ごす間の注意がいくつかありまーす」
みんなは逸(はや)る気持ちを抑えて、先生からの諸注意に耳を傾けた。「遠くへ行ってはいけません」「広場の周りにある森や傾斜の急な場所には立ち入らないこと」等々(などなど)一通りの事を伝えると最後に先生は、トイレと水飲み場のある場所を案内し、お弁当にするタイミングを教えた。

高台にあるこの『芝生の広場』は標高こそ然程(さほど)ではなかったが、周囲の景色を心地よく見渡せたし、広さも学校の敷地面積の倍は優にあって、小学二年生には十分過ぎるほどの開放感があった。
先生が言っていたトイレと水飲み場は広場の北東にあり、隣接するかたちで十台程が止まれる駐車場があった。離れた国道とここを結ぶ唯一の舗装道路が、駐車場の脇から下りながら北に向かって延びているのが確認できる。
モリオにつき合って早速トイレにやって来たぼくは、駐車場にポツンと一台、見覚えのある軽自動車が止まっているのに気がついた。記憶が正しければ、養教(ようきょう)の水崎先生の愛車に違いない。
「水崎先生の車だな」トイレを済ませて出て来たモリオが、ぼくの記憶にお墨付きをくれた。
「来ているのは確かみたいだけど、いないって言いながら葉子先生がと教頭先生が探してたよ‥」モリオは続けた。
「ふーん‥‥どうしたんだろうね‥‥‥」ぼくはいかにも気のない返事をしてしまっていた。それと言うのも、ぼくにはさっきから気になっている事が他にあったからだ。

ここへ来る途中の林から、一瞬チラリと見えたと思った赤い花が、広場のどこを探しても見当たらないのだ。
白、黄、紫ならすぐ目についた。シロツメクサやタンポポ、ノアザミなどの野草が芝生周辺のそこここで群れを成して花をつけている。だが、赤だけが皆目(かいもく)見つけられないでいた。

後日加筆します。
ご了承ください。

悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (118)

第四夜〇遠足 ヒトデナシのいる風景 その五

歩く道は‥‥確かに登り傾斜ではあったがどこまでも緩(ゆる)やかで、『山』を登っている感覚はなかった。
山と言うものの定義がどんなものかは知らないし、どこからが山でどこからが山でないのかも分からない。ただ『ハルサキ山』と言うのはひとつの地名であって、標高100メートル程度ならちょっとした台地や、丘とさして変わらないだろうし、ぼくらが目指している場所はそんなところの『高台』なのだろうと思った。

「先生!」突然、列の前の方で慌てた声がした。「葉子先生!セナちゃんが血ィ出してる!」
葉子先生が振り向いた。友人二人に付き添われたタカギ セナがそこにいて、先生はすぐさま走り寄った。ぼくとモリオ、ほかの子たちも、いったい何があったのか確かめようと近づいていった。今まで間延びしていた列が、自然に詰まっていった。
葉子先生は屈(かが)み込んで彼女の様子をうかがうと、彼女の片方の腕を取って静かに引き寄せた。タカギ セナの右腕の外側辺りが、確かに赤く染まっていた。
「何かに引っかけた?木の枝とか硬い葉っぱとか‥」葉子先生の質問に、わからないと言う様にセナが小さく首を振った。葉子先生は携(たずさ)えていたウエストポーチのチャックを開け、中から消毒液と除菌用ウエットティッシュを取り出すと、セナの腕についた血を手早く拭(ぬぐ)い取った。「切り傷があるけど、深くはなさそう。痛む?」先生の問いに今度もセナはただ首を振った。
「取り敢えず処置はして置くけど、ハルサキ山広場には養護の水崎先生が先乗りでもういらっしゃるはずだから、着いたらそこでちゃんと診(み)てもらいましょう」

「そうなんだ‥」少し遠くから見聞きしていたぼくは、葉子先生の言葉に反応した。「水崎先生も来てるんだ」
水崎先生は、丸顔でやさしい目をした二十代後半の養護教諭である。子供の扱いが上手く、小学男子なら誰しも憧(あこが)れを抱いてしまうタイプの女性だ。
「ああ。水崎先生なら、どうこう(同行)する予定のきょういん(教員)のところにちゃんと名前があったよ」とモリオが言った。
「なんだよ、それもプリントに書いてあったのか?」
「その通り」と大人みたいな口調でモリオ。「たぶんクルマで荷物とか運んで、先に行って待ってるんだと思う」
「そうなんだ‥‥、こんなへんてこな道をクルマで行ったんだ」
「違う、違う。ちゃんとした道路が通ってるだろ。となり町の国道から入るから、かなりの遠まわりになるけどね」
「へえ‥・そうなんだ」
「何だよ。さっきからヒカリは、そうなんだばっかりだなあ」
まったく、モリオの言う通りだった。

「さあ みんな!」葉子先生の声が響いた。「あと少し。あの林を抜けたら、いよいよ目的地の広場に到着ですよ!」
その声を合図に、滞(とどこお)っていたすべてが再開した。列が前へと‥‥、前方の林のその向こう側目指して進み始めた。

全(まった)く以(も)って「そうなんだ‥」と言う感覚で、知らぬ間に身を置いていたぼくの小学二年の遠足は、間もなくその目的地に到着しようとしていた。
涼し気な林の中の道を歩いて行くと、立ち並ぶ樹々が織り成す緑のベールの厚みが徐々に薄れていき、いかにも『広場』という様な開けた空間を前方に感じさせる断片的な景色が、枝葉を透かして見え隠れしだした。

どこかで赤い花が咲いている‥‥。ぼくはそう思った。
広場のどこか、遠く隅(すみ)っこの方かも知れない。真っ赤な花が咲いているのがチラリと見えた気がしたのだ。
何の花だろう?あの赤は‥‥。ヒガンバナは春には咲かないし‥‥、ヤマツツジの赤?‥‥いや、もっとこう‥重たい赤だった。

強(し)いて言えばさっき見た『セナの腕を染めていた』赤、とおんなじ赤‥‥‥だった。

次回へ続く