ぼくらのウルトラ冒険少年画報 (1)

今回タイトルとして掲げた「ぼくらのウルトラ冒険少年画報」は、シリーズ連載が終了した「巨人真伝トキ」の後に企画した案の一つで、私の小学生時代(1964年東京オリンピックに始まり1970年大阪万博に終わった盛りだくさんの時代でした)を投影した主人公が、感受性豊かで先入観のない子供の目が映し出す「不思議」で時には震え上がるほど「恐ろしい」世界を体験していくお話でした。
その頃のありったけの情報を交えながら描けたら厚みのあるストーリー展開が望めるとも考えました。

ちなみにタイトルは、当時の月刊漫画雑誌「ぼくら」(講談社)・「冒険王」(秋田書店)・「少年画報」(少年画報社)と、ウルトラQに始まるウルトラシリーズからいただきました。
漫画雑誌はすでに「少年マガジン」「少年サンデー」「少年キング」後追いで次々に創刊された「少年ジャンプ」「少年チャンピオン」と、週刊漫画誌の時代でしたが、付録のついた(別冊の漫画小冊子や今でいうペーパークラフト的な紙工作が付いていた)月刊漫画誌が私には妙に記憶に残るものであり、少ない小遣いではなかなか買えない憧れだったのでタイトルに盛り込みました。
更に私は最初のテレビアニメ世代で、黎明期のテレビアニメ情報も話に絡めていこうという考えもありました。

当時の出来事、アニメや特撮番組などで年表を作成し、およそ八話構成でネームを描き始めましたが、残念ながら採用されることはありませんでした。

後に浦沢直樹先生が「20世紀少年」を掲載し始めそれを拝読した時、自分が描きたかったのはこういうものだったのか、読み物としてやはり大きなドラマ性が必要だったのだなと自分の力の無さを痛感したのを覚えています。

漫画でのリベンジはもはや叶いませんが、いくつかの面白いお話を時々絵を交えながら今後不定期でブログにあげていきたいと思います。
よろしかったらお付き合いください。

「ぼくらのウルトラ冒険少年画報 (1)」への2件のフィードバック

  1. 「少年○○〇〇」などの漫画雑誌の前に「ぼくら」などの雑誌があったのですね。
    私の小学生の頃は漫画雑誌というわけではないのですが「小学〇年生」というのを
    買ってもらっていました。連載漫画作品や読み切り作品も掲載されてました。漫画ではありませんが怪奇コーナー(体験談風イラスト付き)が連載されていて怖かったですね(それが載っているページ怖くて開きたくなく読みたくもないけど何故か読んでしまうホワイ?)。懐かしいです。
    「ぼくらのウルトラ冒険少年画報」。網野先生のノスタルジックで壮大な近未来サスペンス、是非読んでみたかったですね。
    今日は椎名誠さんの「ひとつ目女」読みました。久しぶりに1日読了。椎名さんのこういう系統の作品、光りますね。好きです。面白かったです。
    それではまた来週を楽しみにしております。

    1. コメントありがとうございます。
      椎名誠さんの本、春にはもってこいかもしれませんね。
      知らない本がたくさんあります。
      これからも教えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。